ごあいさつ

    はじめまして。金光教尼崎教会の取次師、津田昇平と申します。以前ある方から、「今の時代に、どうしてお取次が必要なのでしょうか」と尋ねられたことがありました。


   私は、今の時代だから必要なのだ…とは思いません。いつの時代でも必要であると思っております。昔も必要でしたし、今も必要ですし、これからも必要です。


   そしてそれは世界中、日本もアメリカもカナダも、ヨーロッパもアフリカでもアジアでも、世界中で必要だと思います。


    天地の間に生きている人間である以上、天地と共に正しく生きるということを学ばなくてはなりません。自分勝手に生きていると、人間はどうしても幸せになることはできないものなのです。


    お取次をいただくということは、神様からご覧になって、人間がどう生きれば助かるのか、立ちゆくのか、幸せになれるのか、自分も家族も周りの人もどうすれば幸せになれるのか、それを具体的に教えていただくということです。


    それがお取次です。


    人間は天地金乃神様より、天から御霊(みたま)、地から肉体というものをいただいております。教祖様はこれを小天地と仰いました。


    天地金乃神様のお体であるこの大天地、その大天地から御霊と肉体を分けていただいた小天地、それが人間です。


    言うなれば、お取次をいただくということは、大天地のリズムに自分という小天地の命を沿わせて生きる、リズムを合わせてハーモニー(和音)になって生きることを学ぶということになります。


    自分勝手に我情我欲に従って生きてしまうと、天地のリズムから外れ、不協和音となり、ゆえにどんなに一生懸命に生きていても、頑張って生きていても、決して幸せになることはできないのです。


    この天地の間に生きる以上は、この天地の道理を学ばなくてはなりません。天地の道理とは、神様の道のこと。


    神様の道とは、人間として神様のお恵み・おかげ・お徳を正しく受け取ることができる道、そして幸せになることができる道、自分も人もみんなが立ち行くことになる道です。


    その道を教えていただくのがお取次です。


    どうすれば幸せになれるのか、自分一人で考えてもなかなかわからないものです。自分一人でチェックしてみても、合っているのかどうかもわかりません。


    だからお取次をいただいて自分をさらけ出して、自分の気持ちを聴いていただいて、苦しみも悲しみも喜びも怒りも、ありのままを神様に聴いていただいて、その上で、どうすればいいのか、どうしたら自分は立ちゆくのか、それを神様に教えていただきます。


    一方的に神様から「ああしなさい、こうしなさい」と言われるのではなく、まず私たちの気持ちを神様は聴いてくださるのです。


    苦しみも悲しみも迷いも怒りも喜びも楽しみも、神様は聴いてくださいます。そして、一緒に喜んでくださり、一緒に泣いてくださり、一緒に苦しんでくださいます。


    神様はいつも私たちのそばにいて、私たちと一緒に喜び悲しみ苦しんでくださいます。


    私たちの命を受け止めてくださり、私たちの思いを受け止めてくださり、その上で、こうしたらあなたは立ち行く、こうすればあなたは幸せになるよ、ということを、お取次をしてくださる先生を通じて教えてくださいます。


    自分一人で生きるのではなく、お取次をいただくことで、神様と一緒に、お取次をしてくださる先生すなわち金光大神様と一緒に生きる。


    そうすることで人は正しく生きる道を学び、そしてその道に沿って生きることを心がけることによって、人は幸せになっていくことができます。


    これからも人間は天地の間に生きてまいります。


    だからこそ、自分勝手な生き方にならないように、天地のリズムから外れないように、不協和音にならないように、ハーモニーになるように、そのためにお取次をいただいて、神様に教えていただきながら、神様に寄り添っていただきながら、金光大神様に導いていただきながら、人が幸せになっていくことを神様は願っていらっしゃいます。


    そのお手伝いをさせていただくのが私たち取次師(金光教教師)です。


    一人でも多くの方が神様のお取次をいただいて、頑張っていても報われない、上手くいかない人生を離れて、神様と共に喜びの世界へ、生まれてきてよかったと心から言える生き方をはじめていただきたい。そのように願っております。



   ありがとうございました。



金光教のお取次

   神様と人とを結ぶ御結界では、私たち金光教教師が、どのようなお悩みでも寄り添って聴かせて頂き、どうすれば助かるのか、どのような心持ちになれば幸せになれるのか、ということについてお話させて頂きます。これをお取次といいます。お取次でお話しされた内容は、口外されることはなく固く守秘されます。

取次師 津田昇平先生

取次師のご紹介



取次師 津田昇平取次師 津田昇平

津田昇平先生


取次師 津田貴雄先生取次師 津田貴雄先生

津田貴雄先生


取次師 津田威子先生取次師 津田威子先生

津田威子先生


取次師 辻井渥子先生取次師 辻井渥子先生

辻井渥子先生


取次師 田林真紀子先生取次師 田林真紀子先生

田林真紀子先生


取次師 薦田道代先生取次師 薦田道代先生

薦田道代先生


取次師 津田広平先生取次師 津田広平先生

津田広平先生


取次師 田畑晃宏先生取次師 田畑晃宏先生

田畑晃宏先生



体験談

「安心して涙が出てきました」

― M.T 女性 20代 学生 愛媛県 ―


   最初は私には大した悩みがないと思っていたので、何を話したらいいかわからず、ドキドキしながら教会にお参りしました。

   お参りしてみたら、お広前はとても穏やかな優しい空気に包まれていたので、緊張はありましたが、ほっとしました。

   昇平先生にお会いしたときには、にこにこと迎えてくださいましたので、それだけで安心して、涙が止まらなくなってしまいました。

   それから自分自身のこと、学校や将来の悩み、友人や付き合っている人の悩みなどを思いつくままに聴いてもらいました。

  先生はどんなささいなことでも真剣に聴いてくださって、丁寧にアドバイスもしてくださり、本当にうれしかったです。

   何か話さなきゃと気負わなくても大丈夫でした。行ってみたら、とても安心できました。またぜひ続けてお参りしたいと思います。


体験談 花


「心の落ち着きを取り戻せました」
― J.M 男性 20代 会社員 東京都 ―


神様、昇平先生様

   本日はお取次ぎ頂きありがとうございました。さきほど無事に家に着きました。ありがとうございました。今日教えていただいたことを実践していきたいと思います。お礼、お詫び、お願いをきちんとする。口で言うことは簡単です。続けていくことが難しいのですね。

   さて僕のお参りした感想です。

   僕は孤独からくる不安に悩んでる人間です。『仲間がいない、恋人がいない、将来の不安』とかね。そんなことで悩みつづけ、ある時、昇平先生に出会いました。昇平先生は暖かく迎えてくれました。

   お参りは最初すごく緊張しましたよ。誰だって知らない人に会いにいくとしたら緊張するのは当たり前だよね。。。先生ってなにもんじゃ?って感じで・・・でもそんな緊張は最初だけでした。先生は親身になって私の話を聞いて下さいました。そして徐々に心の落着きを取り戻すことができました。ここでは上手く言い表せないけど

   「お参りしてよかったなぁ」

    と心から思います。またメールや電話でのお取次とは違う良さがあります。

   もしも昇平先生に会いにいこうか?と迷ってる人がいたら、すぐに行動することをお勧めします。間違いなく言えることは「一人で悩んでいても何ら変わることはない」ということです。会いにいくことが自分の助かるための第一歩です。必ず何か得られるものはありますよ。

   さあ勇気を出して先生に会いにいこう!

   って僕は先生の回し者じゃないけどね(笑)


閉じる


「全てを包み込んでくださる優しさ」
― T.S 男性 50代 会社員 広島県 ―


   昇平先生、ありがとうございました。昨日は、本当に参ってよかったと思います。

   教会に入る前は体が震えていました、尾道の我が家を出るときには気持ちも高揚していて心の中で「真をお供えに行くんだ」と言い聞かせていたのに。

   広前に入って、お取次の順番を待つ間、下を向いて話が上手くできるだろうかと気を揉んでいました。

   するとお結界に進む一つ前の男性に対して昇平先生が諭されているお言葉が、ふと耳に飛び込んできました。それはまさに今の私に対する神様からのメッセージのように感じました。もうそれだけで大変感動感激いたしました。

   私の番になり昇平先生のお顔を拝見した瞬間に、何か全てを包み込んでくださる感じを受けて、心がパーッと明るくなりました。口調もたいへん穏やかで、優しさが感じられ私も気持ちよく話をすることができました。

   「真を供える」ことが如何に大切か、あらためて思い直すことができました。教会に参る気持ちになれたこと、本当におかげを頂いたと思っております。    教会を出てバス停へ歩きながら、何とすがすがしい気持ちになれたことか。改まり、他人への優しさ、自分の気持ちの持っていき方とか、何かいい思いがたくさん心に湧いてきました。これもおかげを頂きました。

   帰って、母と妻に話しましたらたいそう喜んでくれました。今度は一緒にお参りさせていただこうという話にまでなりました。

   これからもどうぞ宜しくお願いいたします。本当にありがとうございました。


閉じる


「春の風が吹いてくるような」
― C.T 男性 60代 福岡県―


   何も話すことが思い浮かばずに、導かれるままにお参りをさせて頂きました。自分でもどうしてなのか全くわからないのですが、気がつけば涙ながらに昔の傷をお話ししてしまいました。

   この世のどこにも身の置き場がなく感じて生きてきた私ですが、新幹線で帰る時には、なんだか心の中に優しい春の風が吹いてくるような感じがいたしました。気のせいかなと思いながら、心から安心ができた喜びで、涙があふれました。とにかくありがたいです。先生ありがとうございます。


閉じる


「涙が自然にあふれてきます」
― A.M 女性 20代 小学校教諭 広島県 ―


   先日は、尼崎のお広前に参拝させていただくことができまして、ありがとうございます。神様や先生の優しいお気持ち、お言葉をいただき、恐れ入ると同時に、ただただ有り難くて、涙が自然にあふれてきます。本当にありがとうございます。

   過去のことを思い出すと、相手を責めたい気持ちがいつ起こってくるかもしれませんが、その時は神様が良いようにして下さると思っていようと思います。少しでも神様の御心にかなうような信心をさせて頂きたいと思います。

   先生のお広前に参拝させていただくことが出来て、ほんとうに良かったです!これからもよろしくお願いいたします。


閉じる


「きっと助からなかった」
― Y.K 男性 50代 会社員 福岡県 ―


   津田先生、日曜日は、本当にどうもありがとうございました。下道を利用したので、神戸あたりでかなり渋滞しましたが、無事に家に帰ることができました。

   あと帰り道には、初めてご本部にもよらせてもらい、お参りしてまいりました!

   昨日は、いただいた御神米をそれぞれの袋から1粒づついただきました。離婚して離れている子どもたち三人の名前を口にして、それぞれにお祈りとお詫びをさせて頂きながら。

   そしてもう一粒は、私の分として神様からいただきましたが、別れた相手であるHさんへのお詫びと、そして感謝をしながらいただきました。彼女にあわなかったら、こうして昇平先生に出会うこともなく、神様に向かうこともなかったでしょうし、助かることもなかったでしょう。いえ、助からなかったです。

   自分もこれまでとはまた違った気持ちで、人のことを祈ったりできるかなと思います。でも気がゆるむといけないのですよね。気をつけねば(^^;;

   これからも何卒よろしくお願いします。また夏にお参りさせて頂きたいです。


閉じる


「とってもわかりやすいお話に主人も感動」
― T.N 女性 30代 会社員 長野県 ―


   妹に連れられて、主人と初めてお参りさせて頂きました。神様って何?っていうところから、とってもわかりやすいお話で、有り難いなぁって感じました。とくに主人が感心しきりで、また話を聞かせてもらいに行こう!って言っておりました。すごい嬉しかったです(^-^)

   しょっちゅうというわけには行きませんが、必ずまた時間を作ってお参りさせて頂きたいです。どうぞよろしくお願いいたします。本当に有難うございました!


閉じる


「父を連れて参拝し、直接神様にお礼を」
― S.N 女性 50代 岐阜県 ―


   今日はどうもありがとうございました。台風接近で「どうなることやら」と心配しておりましたが、傘も差さずに歩くことができました。駅で電車を待っている時、乗っている時には結構降り家に着いてからも結構降りました。神様が私たちを優しく見守ってくれたんだと思います。

   今日は初めて父もお参りをさせていただき、感想を聞いてみました。やはり初めての事なのでとにかく緊張しっぱなしのようでした。元来話すのが苦手な父が、緊張もあってお話しすることがうまくできなかったみたいです。

   でも「ありがたい」と言っておりました。この一言が神様には通じているのではないかと感じております。

   尼崎までは遠い道のりですので、悩む時もあります。でもその「遠い道のり」を乗り越えてお参りさせていただくと心が、心の底から安らいで安心してしまうのです。そして時間を作ってお参りさせていただくことに感謝でき、神様に直接お礼できたことが心から嬉しく感じられます。

   「直接お礼をさせて頂く」

   この事を自分の体で感じ取ることがとても大切な事だと思います。

   大変遅くはなりましたが、今までの事、今日は父共々神様、昇平先生にお礼ができたこと、本当に良かったです。

   本当にありがとうございました。


閉じる


「無宗教の主人も連れてお参り」
― H.Y 女性 30代 埼玉県 ―


   三日間、大変お世話になりました。有り難うございました。とても有り難く、有意義で、充実した三日間だったなぁと思います。二泊三日で尼崎教会にお参りさせていただいてほんとうに良かったです。

   昇平先生にたくさんお取次していただいたこと、洒掃させていただいたこと、それから、朝のご祈念に参らせていただき、昇平先生のご祈念されるお姿を拝見したら、なんだかとても有り難いなぁと思いました。

   昇平先生がご祈念されてるお姿を、これまでは想像することしかできなかったわけですが、実際にご祈念されているお姿を拝見したら、なんと言っていいかわからないのですが胸を打たれるというか、安心するというか、何と言うか、とても有り難く幸せな気持ちになりました。

   私もじっくりご祈念させていただけて、貴重な時間でした。朝のご祈念に参らせて頂いて、本当に良かったです。

   お社は帰ったその日にさっそく場所を決めて、祀らせていただきました。教えていただいた通りに、ご神水とご神飯は毎日お供えさせて頂いています。榊は一対で売っているということをはじめて知りました。そのままでは大きすぎたので、ほどいて何本かで形を整えて輪ゴムでしばって飾りました。今日はお神酒もお供えさせていただきました。

   やっと全部そろって、うふふと嬉しくなりました。お社を磨くためのお布巾も用意しました。明日、磨かせていただこうと思います。

   主人も一緒にお参りでき、娘も一緒にお参りでき、本当に有り難かったです。無宗教の主人が、お参りさせて頂いて、お広前で頭を下げたときに、誰かに見られているって感じたというのが、すごい有り難かったです。神様が見て下さっているのが、彼にも通じたのだと思います。

   お社が家にあることも、主人は「神様に見張られているみたいで、悪いことができないなぁ」と言っております(笑)

   とにかく有り難かったです。またお参りさせて頂きます!


閉じる


「心の中に「余裕」が生まれました」
― S.N 女性 40代 会社員 岐阜県 ―


   今日のお取次、有難うございました。神様に、無事に尼崎教会へお参りができたこと、お参りする時間を作っていただけたこと、ご報告と共にお礼申し上げました。

   尼崎教会へのお参りは今日で二回目でした。一度目も二度目も「コッチンカッチン」に凍りつき緊張感モリモリでした。


   昇平先生のお話を聞きながら、うんうんと納得することばかりでした。気がつけば緊張感モリモリも、ほんわかと和らいできて、とても気持ちが楽になりました。

   教会に行くまでの私の顔は強張り、引きつり、口をへの字にしていたと思います。なのに昇平先生との時間を過ごし、教会を後にした私はシマリが無くなっているほど、ニヤけている自分に気がつきました。気持ちが楽になった事と、安らぎを感じた自分の正直な姿なんだなぁと思います。

   そして、いままで気持ちの中に余裕がなくなって、一杯一杯だったけれど今日のお取次で、心の中に余裕が生まれました。本当にお参りをして良かったと思います。

   まだお参りをされていない方も一度、お参りをされる事をお薦めしたいです。昇平先生のお取次ぎは本当にステキで貴重な時間です。皆さんにもこの実感を味わって頂きたいと思いました。

   最後にもうひと言!教会がとても綺麗なのは当たり前ですがあそこで好きな場は・・・「トイレ」です。なぜって?とても綺麗だから。昔から母に「トイレはその家の顔」と教えられてきましたので、ついつい目がいってしまいました。トイレそのものが新しい古いではなくって、どれだけ丁寧に行き届いているのかが大切なのだと思います。

   教会のトイレは好きです!

   今日は本当に有難うございました。


閉じる


参拝のご案内

   どなたさまもご自由にご遠慮なく、ご参拝くださいませ。宗派・宗旨は一切問いません。

吉備舞奉納

ご祭典の案内


御祭典

  PDFファイルをダウンロード

アクセス

〒660-0892
兵庫県尼崎市東難波町3丁目7-5

金光教尼崎教会


地図(グーグルマップ)

周辺地図

周辺地図
PDFファイルをダウンロード



電車利用の方


◆阪神尼崎駅より徒歩15分、梅の里交差点を西へ徒歩4分

又は阪神バスで、バス停「東難波町3丁目」より徒歩5分

◆JR尼崎駅よりタクシーで10分、阪神バスで「東難波町3丁目」より徒歩5分

◆阪急塚口駅より阪神バスで「東難波町3丁目」より徒歩5分



車利用の方


◆名神高速尼崎ICより車で5分

◆阪神高速5号湾岸線尼崎末広ICより車で10分

◆阪神高速3号神戸線尼崎西ICより車で10分

◆中国自動車道宝塚ICより車で20分

〇駐車場はございません。予めご了承ください。

ギャラリー

Facebook